署名用紙のダウンロードはこちら

★-- 絶賛配布中! ---★
すべての始まり、2013年1月23日付・江戸川区教育委員会からの「補食廃止通知」実物は 【 ここ 】 にあります。【 この記事 】 とあわせて一読がおススメです★

(3/14追加)公開質問状(請願書)に対する、江戸川区教育委員会の回答は【ここ】【この記事】とあわせてご一読を。

2013年12月4日

【お知らせ】江戸川区HPが12/6(金)にリニューアル予定につき、リンク切れが予想されます。

いつもありがとうございます。

江戸川区のHPにて、11/29日付で「リニューアルのお知らせ」が出されております。
↓ ↓
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/oshirase/koushiki_hp/index.html



当ブログは、江戸川区のホームページにたくさんのリンクを貼っておリますので、リニューアルに伴い、多くのリンク切れが予想されます。

実は、これまでも既に「消えた記事」は、ありました。

例えば、本ブログ3月13日付の下記記事

◆江戸川区教育委員会は語る 「大人の利害を取り除き、子どもたちのために」と。

でご紹介している、

「第一法規 生涯学習情報ファイルに掲載されたすくすくスクールの事業紹介」

というPDFデータは、おそらく今年の夏~秋ごろにさりげなく消えており、現在は見ることができなくなっています。



「すくすくスクールの根本にあるものは、大人の利害を取り除き、“子どもたちのために” という一点で考えることである」

と、書いてあります。

これは当時の江戸川区教育委員会の方の、発言です。
おそらくすくすくスクール開始当時(2003年ごろ)の…最初の理念では、確かにそうだったのでしょう。

しかし残念ながら、この文書はいつのまにか江戸川区のホームページから消えていました。

※当会で保管しておりますので、お読みになりたい方は こちら からダウンロードできます。

このように当ブログでご紹介してはいても、12/6の江戸川区ホームページリニューアル後はリンク先の情報が消える、あるいはURLが変わる可能性もあります。

これに対し、当会では次のように対応いたします。

①URLが変更するものは、リンクを順次貼りなおします。
 しばらくお時間をいただきますが、順次作業していきます。

②リンク先の情報が消える…すなわち、江戸川区はホームページでその情報を見られるようにしなくなった場合…当会であらかじめ保存しておいた画像などを、その代わりとして貼っておきます。PDFの場合は、なるべくダウンロードできるようにいたします。
こちらも順次作業していきます。

以上、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。



2013年11月24日

【拡散希望】私たちは、「えどがわ学童保育フォーラム」に生まれ変わります。


いつもありがとうございます。
2013年2月にこの活動を開始して以来、多くの方のご支援をいただきながら、なんとかやってこられました。

自分自身の仕事と、日々の家事と、育児と、その他諸々ののしかかる難題に、「もうやめよう」と思った時も何度もあります。5000筆の「補食継続」を願う署名あつめ、陳情、「おやつ自主運営」の模索、夏休みのこと…すべてが「分け隔てなく」の言葉の元に、徒労に終わりました。

そもそも「学童保育」って、こうじゃなかったはず。少なくとも、江戸川区など「以外の」、日本中の「学童クラブ」には、「保育」があります。そこは子ども達の、「生活の場」になっています。

だって「学度保育」ですから。

江戸川区も、2003年に「すくすくスクール」に学童クラブが吸収・一体化されるとき、「学童クラブの機能は残します」「もっと充実します!」と、江戸川区の担当課も、「広報えどがわ」でも、謳っていました。
広報えどがわ 2003年(H15) 9/20号
 ↓Close Up




「一層充実する」はずが、なぜ、おやつもない状態にまでなったのか?

今の江戸川区のすくすくスクールの「学童登録」とは、月額4000円で、
①すくすくスクールに来たかどうかの出欠確認がある。
②17時以降、18時までそこに居られる
③ランドセル置き場の棚に自分の名前のシールなどが貼ってある

…ほぼ、ただこれだけになりました。

今年の4月から、江戸川区のすくすくスクール学童に通う一年生と保護者の方は、これが「学童」だと思っているでしょう。そういう方が、例えばお隣の県の「学童クラブ」を覗いてみたら、その違いに驚かれるかもしれません。

私たち「江戸川区・学童補食の継続を願う会」が、この8ヶ月間取り組んできた「補食(おやつ)」というのは、単に、過去10年間で江戸川区の「学童クラブ」から消えていった多くのものの、そしてこれから消えようとしている何かの、氷山の一角なのかもしれません。

学童クラブとは、下校した子どもたちが「ただいま」と言える場所。親が仕事から帰るまで、安心して過ごせる「生活の場」だったはず。それが風前の灯となっているいま、江戸川区の「学童保育」は、これからどこへ向かい、どう変わろうとしているのか。

この8ヶ月間で、そう考える江戸川区内の保護者達が、この「江戸川区・学童補食の継続を願う会」の周りに、多数集まり、つながってきました。全員が、「すくすくスクール(学童クラブ)」に子どもを預けて働いている、あるいはかつて預けていた、江戸川区に住む普通のお父さんお母さんたちです。

そして話し合いを続けた結果、これは「おやつ」だけの話じゃない、との結論に至り、声を上げ続けるために、「まとまろう」「つながろう」と決めました。

名前を、「えどがわ学童保育フォーラム」としました。

情報発信の場として、ホームページも立ち上げました。


 えどがわ学童保育フォーラムホームページ

まだ記事のないコンテンツもあったりして、お見苦しいのですが、どうかご容赦ください。


またTwitter、あと今回はFacebookも使っていきます。

Twitterは@EdogawaGakudo を、ぜひフォローしてください。


こちらはFacebook。




先日のアエラ掲載、そして昨日の朝日新聞掲載と、江戸川区の「おやつ問題」、消されたように見えて、まだまだ消えていません。

私たちは江戸川区に住み、仕事をつづけながら安心して子育てしたいと思っています。またすべての子どもたちが、学校が終了して家に帰るまでの時間を、心身ともに豊かに実り多く過ごせるように、共に考え行動していきたいと考えています。

どうぞ今後とも皆様のご支援、よろしくお願いいたします。

なおこちら「江戸川区・学童補食の継続を願う会」は、本ブログ内掲載記事の続報、おやつ関連に限られて来ますが、更新は継続してきます。時々覗きに来てください。
引き続きご愛顧、よろしくお願いいたします。



2013年11月23日

【速報】本日の朝日新聞:朝刊★江戸川区の「学童おやつ問題」掲載!

本日、朝日新聞朝刊に、「子どもの居場所どうする」として、「放課後教室と学童の一体化」がもたらすメリットとデメリットを投げかける記事が掲載されました。



利用者からは、「低学年の子どもがすくすくスクールルに通う会社員の母」の声として、「(略)午後6時過ぎまで何も食べないでいるのは、幼い子にとって苦痛」「放課後の居場所が家庭的でなくなってしまうのではと不安」と懸念の声が取り上げられています。

一方、江戸川区教育推進課からは、例の…「“分け隔てなく”するためであって、(補食廃止は)予算削減の目的ではない」との声が紹介されています。

ぜひ、朝日新聞をご一読ください。

なお、「江戸川区・学童補食の継続を願う会」は、今、おやつ問題にとどまらない情報発信と活動の母体となるべく、リニューアルの準備中です。すみませんが、もう少し、お待ちください。

★はじめての方へ★
本日の朝日新聞をご覧になって、検索などでこちらのブログに来られた方は、ぜひ一番最初の記事からご覧ください。

↓ こちらです。

時系列に読んでいただければ、二転三転、紆余曲折の、江戸川区のおやつ問題、わかります。またブログでご報告できてない、できないことも実はたくさんあるのですが、精いっぱい、伝える努力をしておリます。どうぞよろしくお願いいたします。

★Twitterでも、ぜひフォローしてください。
よろしくお願いいたします。!

2013年10月24日

★引き続き拡散希望★「すくすくスクール」利用者の声募集!……いま、江戸川区の学童保育のこれからが決まりつつある時だからこそ。


早速、メールをお寄せいただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

前回の記事をこう書いてから、開所時間のこと、病時の対応、水分補給の対応、先日の台風26号の時のような災害時の対応のことなど、様々な実際の「事例」を数多くお送りいただいております。

前回の記事
10/18 ★拡散希望・お声募集!★
江戸川区すくすくスクール(学童クラブ)保護者の方へ
【すくすくスクール(学童クラブ)に預けて、あなたは安心して働けていますか?】


さて、こうしてすくすくスクール学童クラブに不安や疑問を抱く利用者が確実に存在する中、先日の記事でも「児童福祉法」を引き合いに出しましたが、やはり行政に声を届けるにあたって法律的な知識は必須では……ということで、私たちも各方面の情報を取集し勉強して参りました。

そこでひとつわかったのは、日本の国家レベルの政治の流れの中で、学童保育の「質」について利用者が声を発するのに、いまが絶妙のタイミングではないか、ということです。

実は昨年夏、国会では学童保育関連の法律が整備されました。それにより、各自治体はこれからあと1年半の間に、学童の先生の質や量、保育室の広さなどについて、国の基準に基づいて条例を定めるように、国から求められているのだそうです。

なるほどです。江戸川区も、もちろんこれを行っていくことになるはずです。

でも、江戸川区のどこの部署が? 

もちろん、今回の補食廃止の決定に中心的役割を果たした「教育推進課」です。

この部署が、学童に関する条例の「素案」を策定することになっているそうです。

そして来年、2014年2月以降に、教育推進課が策定する「素案」が、江戸川区の「こども子育て会議」の承認を受ける形になっているようです。なお「こども子育て会議」の構成メンバーの中に、学童保護者の代表に当たる方は入っていません。

教育推進課の上位機関となる「江戸川区・教育委員会」は、現在、「(すくすくスクール)学童クラブの運営は、現状で保護者からのクレームはほとんどなく、補食廃止も含めて、区の方針通りで問題ない」と、繰り返し発言していることは、すでにお伝えした通りです。

「補食廃止」の件でもわかるように、一度行政が決めてしまったものをひっくり返すのは、大変な労力が伴います。

ですので、学童クラブの子どもたちの環境をこれから少しでも良くするためには、現在の保護者、そしてかつて利用していた保護者が、「学童はこうあって欲しい」という要望の声を上げていくことがどうしても必要です。

そうでないと、今度の江戸川区の学童クラブは、「今のまま」もしくは「今以下」と、なるでしょう。

前回の記事で、10/24が締切と記載したしましたが、特に締切は設けないことにいたしました。要望の重複があっても、それはそれだけ必要度が高いということで、それがわかるような届け方をさせていただきます。

学童は、働く保護者を支える場所です。子どもを育てながら、安心して仕事を続けられる場所のはずです。お腹をすかせ、水道水だけを飲んで親の帰りを待つ場所では、無かったはずです。

どうぞ、今のすくすくスクール学童でこんなことがあった、こう思っているなどの事例やご意見、さらに、「これからの江戸川区の学童保育は、こうあって欲しい」というお気持ちを、メールでどしどしお寄せください。

下記までメールでお送りください。
gakudo.hoshoku@gmail.com

よろしくお願いいたします!

2013年10月18日

★拡散希望・お声募集!★江戸川区すくすくスクール(学童クラブ)保護者の方へ 【すくすくスクール(学童クラブ)に預けて、あなたは安心して働けていますか?】


本年4月より、江戸川区のすくすくスクール学童クラブで「補食」が提供されなくなって以来、当会では様々な保護者の声を耳にしてきました。

特に4月から8月ごろにかけては、「なんとか子どもたちに、アメ玉一個、おせんべい一枚でも、口にさせてやりたい!」との思いで、区内各地の複数の学童クラブ保護者が、各々のすくすくスクールにおいて、「おやつ自主運営」のための様々な働きかけを江戸川区に対して行ってきました。

しかし江戸川区はそのすべてを「分け隔てなく」等の理由により認めず、いま現在、保護者による「おやつ自主運営」は一切実現していません。

そして、その中でつながった多くの保護者達の中に、いま、挙がっている声があります。

それは「これは、単に“おやつ”だけの問題ではないのかもしれない」という声……
江戸川区の「すくすくスクール(学童クラブ)」そのものへの不安、疑問の声です。

これは、ここにこうして集まった私たちだけが、たまたま抱いている不安や疑問なのだろうか?
そんな思いを、この件に関わって以来、ずっと持ち続けています。

そこで当会では、実際の利用者(過去の利用者を含む)の方々の、すくすくスクール(学童クラブ)に対する生のご意見、お考えを、教えていたけないだろうかと考えました。


◆利用者の本当の「気持ち」を、目に見える形に

すくすくスクールを利用している(していた)皆さんに、
お願いです。

・「すくすくスクール(学童クラブ)」は、
 わが子を預けていて良いと思える、
 安心して仕事を続けられる場所ですか?

・利用していて、不安なこと、疑問に思うことはありますか?

・こんなことがあった、こんな対応があったなど
 具体的事例があれば、教えてください。 


江戸川区に就労証明を提出している「学童クラブ登録」の方はもちろん、「すくすく登録(一般登録)」で利用されている方でも、もちろん構いません。

またお立場上、大変難しいとは思いますが、すくすくスクールで働いておられるスタッフの方からのご意見も、お待ちしております。

お声は、下記までメールでお送りください。
gakudo.hoshoku@gmail.com

取りまとめの関係上、できれば2013年10/24(木)までにお願いします。
もちろんその後でも、大歓迎です。

ご意見はもちろん、匿名で構いません。
ただ、「学童登録か、一般(すくすく)登録」か、「現在の利用者か、過去の利用者か」など、お書き添えいただけると、助かります。

メールの内容を当会外部に出す際は、個人や学校の特定は絶対にできないようにいたします。

どうか、よろしくお願いいたします。

これは、江戸川区が主体で行うアンケートでは決して表面化することのない、利用者の生の声です。いただいたお声は何らかの形でまとめ、江戸川区に届けたい、そう考えています。

当会の人間は、皆さんと同じ、いち保護者です。すくすくスクールに対して不安や疑問を抱いたまま、わが子を預け、仕事をしています。これからの江戸川区の子ども達が、心身ともに満たされ安心して放課後の生活を過ごせるよう、そして親たちが安心して働けるよう、できることを見つけて、少しづつでも前に進みたいと思っています。


◆私達の抱いた不安や疑問、実際の事例とは。

23区内の学童保育で「おやつ」を出さない区は、江戸川区だけです。

またすくすくスクール(学童クラブ)の職員について、江戸川区は過去10年間、「常勤指導員(正規職員)」を、新規に採用していません。新規採用は、非常勤職員、臨時職員のみです。

あくまで一例ですが、例えばこれらの事象は、現在のすくすくスクール(学童クラブ)の「」に、どういう影響を与えているのでしょうか?

こんな保護者の声がありました。

「学童クラブの連絡ノートが、“一年生のみ”となってしまった」
「今年から夏休みの“お昼寝タイム”がなくなった」
「すくすくスクールの部屋で、日常的にアニメなどをテレビで流していると聞いた」
「テレビの音が気になって宿題がやりづらいと、子どもが言っている」
「勉強がしたいのに、狭いすくすくホームルームに子どもたちが多く、うるさくて勉強できないと学童を辞めた子が何人かいる」

そして、「すくすくスクール学童クラブに預けては、安心して働けない」と、仕事を辞める、正社員から短時間のパートに転職する、また民間学童保育に子どもを移す(※)……そういった母親も、決して少なくない数で存在していることがわかりました。
※民間学童保育の利用料金は月~金で月額5~6万円のため、経済状況により利用できる人は限られます。

疑問に感じた当会では、学童保育に関して記載している「児童福祉法」をひも解いてみました。

すると、児童福祉法6条の3第2項で「放課後児童健全育成事業(注:学童保育のことです)とは、小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭にいないものに、授業の終了後に児童更生施設等を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業をいう。」と書かれています。

なるほど。確かにその通りです。だから学童「保育」なのです。

しかしいま、すくすくスクールの学童クラブの子どもたちには、「食」はもちろんのこと、学習、休息などの、「生活の場」としての環境が用意されていないのではないか……? 

そんな疑問をいま、私達は抱いているのです。


「学童だからと言って配慮は不要。
  あくまで”分け隔てなく”」 という江戸川区

実は、10月に開催された江戸川区・教育委員会で、区内のある保護者が、陳情書という形を通して、「すくすくスクール学童クラブの子どもたちには、食、勉強、休息などの”生活の場”が用意されていないのではないか?」という問いかけを行いました。

これに対して、江戸川区・教育委員会のトップである「教育長」が、次のように回答しました。

「……(この保護者は)学童クラブとすくすくは別でしょ? だから配慮してほしい」ということが言いたいのだろうが、『生活の場』というのは、私達はすくすくを立ち上げた時点で、今までの学童クラブとは違って、共に過ごす。遊びもあれば生活もある。そこで過ごすということ、一般の子と分け隔てなく過ごすことで、学童クラブ登録の子どもの生活圏がひろがった。地域の方と関わって生活体験ができるということ。『学童クラブの子どもなんだから(配慮が必要でしょ?)』という視点にたった陳情は、受け入れがたい」
※傍聴者のメモと記憶による書き起こしのため、一言一句正確ではありません。

さらに、こうも言っています。
「……すくすくスクールにおける学童保育のありかたについては、『全体として現場では問題ないので、今のかたちでよいのではないか』」と。

-- * --  -- * -- -- * -- 

お読みいただき、ありがとうございました。

すくすくスクール(学童クラブ)利用者の皆様のご意見を、お待ちしております。
どうかよろしくお願いいたします。

ただ、もしかすると、これもまた今までのように、徒労に終わるかもしれません。
それでも、一人一人の「思い」を集めて形にできれば、現状を変えることができるかもしれないと、望みを持っています。

先日のアエラの記事においても、おやつのことを主として取り上げつつも、記事の最後には学童保育の「質」を問いかける一文でペンを置いています。

「『……預けていてよかったと思える環境だったから、仕事も続けられた』
(江東区に住む44歳の自営業女性)
 おやつをきっかけに、子ども目線で考えた居場所づくりを。
 大人の行動力、そして知恵と工夫が求められている。」

お声は、下記までメールでお送りください。
gakudo.hoshoku@gmail.com
ご協力、どうか、どうかよろしくお願いいたします!

2013年10月16日

「おやつはナシ」でいいの? 「AERA」10/21号に、江戸川区の学童補食廃止の記事掲載

お久しぶりです。
色々お伝えしたい新しい情報があるのですが、今日はまずこちらから。

ご覧になった方も多いと思いますが、10/12(土)発売、朝日新聞社刊「AERA」10/21号に、江戸川区の学童保育のおやつ廃止の件が記事として掲載されました。



「子どもに罰を与えられているよう――。おなかが空いた子どもに我慢をさせる日々に、働く親たちが悲鳴を上げている。」

記事はこういった書き出しで始まります。そして、

① 適量は栄養面でも大切
② 2事業一体運営が背景
③ ”分け隔て”ない対応
④ 子ども目線で居場所を

以上の4項目で、他区の事例も交えながら、江戸川区の学童保育が抱える問題を浮き彫りにしています。

①「適量は栄養面でも大切」では、この問題のそもそもの発端である「教育委員会からの、予告も説明会もナシの突然の補食廃止通知」に書かれていた廃止理由……「補食で子どもが肥満になっている」に対して、おそらく書かれたものでしょう。
※以下リンクは、当ブログ内関連記事へのリンクです。

その補食廃止通知とは下記、
 2013年2月5日  はじまりは…教育委員会からのお手紙

そして、「補食で肥満」を江戸川区が主張し始まったのは、どうやら昨年秋ごろからでした。
 2013年2月23日 見てみよう!議事録★廃止理由「補食で肥満」はここから?

こうして、「補食で肥満」を主張する江戸川区に対して、当会は「公開質問状(請願書)」にて、その理由を問合せました
 2013年2月22日 【質問先行公開①】お願い答えてえらいひと!「補食必要性の判断基準について」

しかし数週間後、区長名で帰ってきた回答は、当会の質問に対して直接答えるものではありませんでした。下記の回答を、ぜひご覧ください。
 2013年3月6日 【回答来ました】公開質問状(請願書)の回答公開!

着目すべきは、この回答で補食廃止の理由として、従前に主張して来た「肥満」などには一切触れていないことでしょう。

そして新たに、「遊びと学びの時間を途切れさせないため」「すべての児童に分け隔てなくするため」という文言が登場しました。

アエラの記事では、学齢期の子どもの適切なおやつの必要性を、栄養学の専門家(大学教授)の意見をいただきながら説いています。その中で、決して「栄養摂取」だけではない「生活の場」としての学童で、おやつが「ほっとする時間」であるという、情緒面での大切さにも触れています。

続いて、②「2事業一体運営が背景」、そして③「”分け隔てない対応”」において、廃止の背景には、自治体の待機児童解消のための「全児童対策事業(←すくすくスクールもこれ)があるとしています。学童保育の待機児童数が多いことが問題になっている昨今、全児童対象にすれば、数字上の待機児童は「0」になるからです。

記事は最後に、④「子ども目線で居場所を」にて、生活の場としての学童保育の大切さを訴えて結んでいます。

生活の場。学童”保育”であること。

おうちに誰かいて「すくすく」に「遊び」に来た児童とは違い、学童っ子は帰ってもおうちに誰もいません。(だからこそ、保護者は区に就労証明書を提出して学童登録を行ない、月額4,000円の学童費用、月額1,700円の補食費用を支払っていました。)そして、そこで過ごす時間が長い学童っ子だからこそ、過ごす時間の「質」が大切であると、多くの保護者は考えます。

この考え方は、いまの日本の、国家としての考えでもあります。昨年8月に成立した「子ども・子育て支援関連3法」でも、女性の就労支援等の観点などから、学童保育の充実が必要であると謳われています。

時を遡り平成15年、江戸川区において従前の「学童保育」が、「すくすくスクール」という、全児童対象の事業になってから、江戸川区の学童はどうなったでしょうか?

「分け隔てない」「平等」という視点の元、「おやつ」をはじめ、学童児「生活の場」としての様々な要素が失われて来たのは、江戸川区の働く親はご存じのとおりです。ここは「補食問題」を扱う会ですから、あえて書いていませんが、他にも失われた学童「保育」の要素は、いくつもあります。

実は板橋区においても、来年度から区内11校において、学童保育と放課後対策事業の一体化が発表されたそうです。そして再来年度には区内全校で実施するとか。そして一体化後は、「学童のおやつは17時」になるとの情報もあります。

すくすくスクールも、そうでした。江戸川区が全児童事業を導入しようとしたとき、学童の保護者は心配しました。「学童クラブ」が、「すくすくスクール」に一体化されることで、学童クラブの質が低下する方向に変わってしまうのでは? と。

疑問を抱く保護者に対して、当時の江戸川区は、「学童の質は確保するから」と説明(約束)し、一体化を進めました。そして初年度は1校で、2年後にはすべての江戸川区立小学校で、すくすくスクールに一体化されました。

そしてどうなったかというと…? あとはご存じのとおり。「おやつ」の時間は「3時や4時」から「5時過ぎ」になり、そして平成25年から「廃止」です。

その理由は、当初は「肥満」「アレルギー」「食材廃棄の無駄」でしたが、数か月して「平等に」「分け隔てなく」「遊びと学びを中断するのは好ましくない」と変わっていきました。いまもその主張は、変わらないようです。

板橋区でも、江戸川区が歩んだ道と、全く同じことが起ころうとしているのを、感じます。

最後に、平成25年7月9日に開催された「江戸川区教育委員会」の議事録から、引用しましょう。

この発言は、区内のある保護者が教育委員会に提出した「 陳情第4号 夏季休暇中における学童登録児の補食持参についての陳情」に対して、教育長からなされたものです。
※会議録全文はこちら


全体がみんな同じような環境で過ごせるようなこと」。
とのことです。

これが、江戸川区の考え方です。

本陳情の顛末について、詳しくは下記をご覧ください。
2013年8月10日 【おやつ自主運営への道】File No-001
 「せめて夏休み中だけでも、おやつの持参を認めてほしい…」

AERA10/21号は、先週の土曜発売でしたので、書店などには在庫のないところもありますが、Amazonなどではまだ売っています。ぜひお手に取ってのご一読をお勧めします。

ありがとうございました。

2013年8月22日

【おやつ自主運営への道】File No-002 「子どもたちの声を踏まえて、補食の議論をしてほしい」 行政は、声なき声に耳を傾けて…

アクセス、ありがとうございます。
久しぶりの更新となった前回の記事について、驚くほどたくさんの反響をいただきました。終わったかに見えた江戸川区学童保育の「おやつ問題」、まだ収束したわけではないようです。むしろその背後に、「江戸川区は、学童"保育"を、これからどんな方向へ進めようとしているのか?」という、より大きなテーマが横たわっていると、関わっている者一同が、そんな思いを持ちつつあります。

さて、前回の記事は、夏休み中の補食について陳情を出した事例でした。
この中で、区がすくすくスクールのクラブマネージャー、サポーター(どちらもボランティア参加している地域の方々)にアンケートで補食の必要性を質問した際、「補食がなくなってよかった」という選択肢に圧倒的多数で回答があった、ゆえに補食は必要ない、という区の論旨が紹介されました。

この部分を受けて、補食の必要性を本当に問うべき相手は、学童の主体である子どもたちではないか? という疑問を持たれた方がおり、それを陳情として提出されたそうです。

今回はこの事例をご紹介します。


まずは陳情文をご紹介します。


すくすくスクールの子どもたちに補食についてアンケートを求める陳情

7月26日の区教育委員会の定例会で、夏休み中の補食持参についての陳情第4号が不採択になりました。この会議で浅野教育長から「夏休みは時間が長いといっても学校があるときと変わらない。特別な配慮が必要かどうか」という旨の発言がありました。

補食の廃止が打ち出されてから、私たち保護者は親としての心配な気持ちとともに「補食がなくなるのは嫌だ」という子どもたちの思いを区に届けてきたつもりです。しかし、いま行われている議論はおとなだけの意見や考えであり、子どもの意見や考えが反映されていません。

時間だけを見れば、教育長がいうように学校があるときと変わりません。しかし、長期休みは通常の学校生活とは違います。子どもたちは特別な配慮を必要としているから、学童登録をしているのです。各家庭によって必要としている特別な配慮の度合いは違うでしょう。補食を必要としている子どもは少数かもしれませんが、そういう子どもたちの声に耳を傾けてほしいと思います。

以上の点を踏まえ、教育委員会の理念にあるように子どもの人権を尊重し、一人ひとりが安全な生活を送ることができるよう ▽補食があったほうがいいのか、なくてもいいのか、どうしてそう思うのか ▽夕方おなかがすいていないか ▽補食を食べる子・食べない子に分けられていたと感じたことがあるか などについて、すくすくスクールの主役である子どもたちにアンケートを実施してください。そのうえで、補食に関する議論が行われるようお願いします。

この陳情は、「陳情第6号」として、江戸川区ホームページの「教育委員会の会議」に掲載されています(「第15回定例会」の項目をご覧ください)。

そして8月13日(火)午後1時から行われた、教育委員会・第15回定例会で審議されました。傍聴に行った方から、レポートをいただきました。

なお教育委員会の公式な議事録が、江戸川区のHPにアップされるのは、過去の例を見ますとおよそ3ヶ月程度かかっております。しかしそこまで待てないということで、傍聴された方はメモで対応されたそうです。そのため、一言一句は正確ではありませんが、各々の発言の主旨はそのままであると、投稿いただいた方から伺っております。

以下は投稿文、【注】の部分は当会による注釈です。

陳情6号の審議を傍聴するため、教育委員会の傍聴に行ってきました。出席者は、前回と同じく教育長を含む委員の方々4名と、すくすくスクールの担当課課長など複数の区職員の方でした。

まず陳情6号について、担当課長から内容の朗読がありました。これに対して、前回、教育委員会の基本方針などを挙げて、補食の必要性を再議論すべきだとした委員の方(委員Aさん)から、下記の発言がありました。

委員A
「アンケートを行うことは賛成。アンケートをとるのであれば、子どものアンケートだけでなく、保護者がどう考えているのかを含めて、アンケートをとることをしてさし上げたい。陳情内容を(子供だけでなく、その保護者もと)広義に捉えて、YESという回答でもいいのか?」


委員長
「小学校1年から6年生で、学童クラブとなれば特に低学年の子どもたちが中心になる。これら質問に対してどう答えるか。1つめの『補食があったほうがいいのか』という質問には、そりゃああったほうがいいいいよ、と思うかもしれない。2つめの『夕方おなかがすいていないか』という質問には、夕方になれば大人だってお腹がすいてくるわけで、すいているよとなるかもしれない。3つめの『食べる子、食べない子に分けられていたと感じることがあるか』という質問は難しい。…補食が廃止になって1年ですか?」


ここで、担当課長から「いえ、4月に廃止になりました」と、訂正の報告がありました。学童の補食の廃止は、ご存知の通り平成25年4月からです。ここで委員長は、いつから補食が廃止になったのかを知らずに議論を進めていたことが判明しました。

委員長
「子どもたちにアンケートをとること自体どうなのかな? 生徒からアンケートをとるという場面はそう多くない」


委員B
「低学年が多いすくすくの子どもたちには、すごく難しい質問だ。正確な判断は難しい」


教育長
「子どもに素朴に聞く…内容的に難しい。人権を尊重し、などと言われるが、(すくすくスクールを運営するにあたって)我々は決定的に子どもたちにプレッシャーをかけることはしていない。それを前提にすると、アンケートをとって、いったいどうするのか? とったその後、どうするということなしにやれない。陳情の中でも少数意見とあるが…改めて今これをやるべきではない。子ども皆にアンケートをとるというのは、それなりに重みにあることだ。これはすくすくのことだけでなく、子ども全般のサービスに関わることで、(いちいち子どもに)意見を聞くことはない。保護者に聞いて判断してやることだ」


委員A
「クラブマネージャーに聞き取りを行うのは、運営責任者の立場だから当然のこと。保護者の意見を吸い上げていなくてよろしかったでしょうか?」


課長
「(補食廃止の)お知らせをした直後に、説明会を開いた。全すくすくで行った【注1】。いま保護者の方々が自主的に運営させて欲しいと言ってきたのは11校、今現在言っているのは1校だ」


【注1】担当課長より、「全すくすくで、補食廃止について説明会を行った」とありますが、現在当会で把握している限りでは、廃止前の平成25年2~3月の間に、保護者向けの説明会を開催したと確実な情報があるのは、区内で1校のすくすくだけです。

多くの学校では、1月に教育委員会発行の手紙「すくすくスクールにおける補食の廃止について」を子どもが持ち帰ってきただけで、その後の説明会は一切なかったとの情報が多くあります。
また手紙配布後、保護者が説明会の開催を担当部署に要望したものの「断られた」「開催の必要はない」と回答があった、という情報が何件も寄せられています。


ここに、「全すくすくで行った」とする区側の説明と相違があります。もし、「うちも補食廃止の説明会が開催された」という区内の情報がありましたら、事実確認のためぜひメールで(こちら)お寄せください。

委員長
「『自主的に運営させて欲しい』が11校、今でも言っているのが1校というのは、おおむね教育委員会の意見が受け入れられていると見ていいのか?」


課長
「はい。ほかには陳情書、区長への手紙などをいただいている」


委員B
「6時に帰宅するとおなかがすくというのは当然。10~15分くらいで帰宅するとすれば、その段階で保護者が栄養面とかを考えて予め料理をしておけばいい【注2】。5時に補食をだしていたことを考えれば、6時過ぎというのはわずかな時間の差だ。保護者の帰宅が遅くて8時、9時帰宅というケースもありうるだろうが……今までのすくすくの5時に補食をさしあげるのであれば、私は十分間に合うものと思う。自宅で生活のリズムの中で子どもに提供してあげればいい」


【注2】都心に通勤して6時まで子どもを学童に預けている母親の場合、5~6時の時間帯は通勤電車の中にいる場合が多いため、栄養面などを考えて食事を作り6時15分に子どもに提供することは困難、という事実も一方であります。

委員Bさんが少しだけ触れているように、「保護者の帰宅が遅くて夕食が8時、9時」というケースがあるからこその、学童の補食のニーズです。

教育長
「区議会の文教委員会の場でも、すくすくと学童クラブは別で、学童クラブは特別の配慮が必要という議論をしているようだが……補食希望者が減ってきているので廃止という方向が出たわけだし……一般登録児童も学童クラブ児童も一緒だ。夏休みも普段も一緒。一緒に過ごすのだから一緒にいる以上は同じでないとだめ。アンケートをとるなら、学童の子、一般の子も入れるのか、そういうところまで踏み込んでやるべきではない」


委員A
「説明会は、全校で開いているのは事実でしょう
【注3】。ただその場にいらっしゃらなかったような方々から、意見をくみ上げるような丁寧な動きをとられていらっしゃいましたでしょうか?」

【注3】注1でも触れたとおり、説明会があったという区内の小学校は、全73校のうち1校のみ、という情報があり、「全校で開催した」という情報と相違があります。もし「うちも開催された」という情報がありましたら、ぜひ当会にお寄せください。ご連絡先はこちら

課長
「とくに欠席者に対しての説明はしていない」


委員A
「声なき声といいましょうか。説明会にきて発信される方は、補食がなくなってどうなるか、わかっている人たちだと思う。補食がなくなるとどうなるか、読みきれない部分もあったと思う。説明会にも出られなかった、通知ももらったが、実際廃止されてみて初めて、『これって結構困るわ』『とんでもないわ』と思っている人も多いように思う。行政って『一度決めたらこれでいいでしょう?』ではなくて、途中で修正することがあっていい。(今回の問題だけでなく)教育もそうですが、3歩進んで2歩下がるくらいのことが大事。うしろを振り返るような、そういうことを悪しとはしない、良しとすることが大事だ」


委員長
「今日はアンケートについて陳情なので、議論をもとにもどしたい。子どもへのアンケートをとることを求める陳情に対して、採択、不採択をとります」


採択   委員A
不採択 他の委員3名
……よって不採択。


教育委員会の委員長の立場にある方が、学童クラブの補食廃止がいつから実施されているかも知らずに、陳情書の議論を進めていたことに驚きました。いったいこの方々は、何のために、誰のために、区民からの大事な陳情を議論しているのでしょうか? 教育委員会が、区長が実施する政策をただ追認するだけの機関と思えてなりません。

その中で委員Aの方が、前回に続き陳情書に賛成の立場で発言されたことは、本当にうれしく一筋の光を見る思いがしました。「声なき声に耳を傾けよう」「3歩進んで2歩下がることも大事」という言葉に、区民本位の行政って本当はそうあるべきと、強く思いました。

投稿は以上です。ありがとうございました。皆様のご参考になれば幸いです。
引き続き、次のレポートを準備して参ります。よろしくお願いいたします。

2013年8月10日

【おやつ自主運営への道】File No-001 「せめて夏休み中だけでも、おやつの持参を認めてほしい…」 A小学校学童保護者の場合

みなさまこんにちは。アクセス、ありがとうございます。 諸般の事情により、更新することができずに数か月がたちました。 今年の 4 月から江戸川区の学童に「おやつ」がなくなり、子どもたち、保護者、それぞれから、多くの声がこちらにも届きました。

さて、そのような状況に陥った 4 月から今までの間、区内の複数の小学校において、学童の保護者が自発的に動きだし、あるところはつながり、あるところは単独で、子どもたちになんとか「おやつ」を食べさせたいと活動をしてきました。

特に、多くの働く保護者がなんとかしたいと願ったのは、「夏休み」です。

夏休み中は、授業や様々な学校活動、多くのお友達に囲まれて変化のある毎日とは違います。日によっては、学校によっては、すくすくに数人しか来ない時もある夏休み。9 時から 18 時までを、すくすくホームルームを中心とした限られた範囲で過ごす学童の子どもたちに、おせんべい一枚、アメ一個でも口にさせて、お腹を満たすためだけではなく、心も満たすほっとしたひと時を作ってやりたい……そんな親の思いから発した、「せめて夏休みにおやつを」の願いです。

残された道は、「自主運営」。江戸川区が、「自主運営なら」、と一筋の道を垣間見せてくれた以上、保護者としてはその道を切り拓いてゆくしかありません。

しかし自主運営と言っても、具体的に実現可能な中身とは? 4 月の段階で、全く見え ていませんでした。そして多くの保護者が、各々、本件の担当部署に 問い合わせても、当会で把握している範囲では、明確な説明を得た保護者はいなかったとのことです。

どのような自主運営ならよいのか? どのような自主運営なら、働く親が、適切な時間に、学童保育に預けている子どもにおやつを食べさせることができるのか? その活動の報告は、当会に続々と舞い込み、多くのレポートとなって寄せられました。

本日より、「江戸川区・すくすくスクール学童 おやつ自主運営への道」と題しまして、 寄せられたレポートを掲載して参ります。


第一のケースは、7 月上旬、江戸川区教育委員会に「夏休み中の補食持参についての陳情」を出されたA小学校の学童保護者のケースです。


陳情本文をご紹介しましょう。

「江戸川区では今年度からすくすくスクール学童登録の子どもたちの補食が廃止されま した。
夏休みを目前に控えてのお願いになりますが、長期休暇中は長い子どもで朝9時から 夕方6時まで、ホームルームと校庭という限られた空間で生活することになります。暑い中過ごすため、普段より体力も消耗するでしょう。

そんな子どもたちに少しでもほっとできる時間を与えてあげたいと思っています。せめて夏休みにおきましては、補食を持参できるよう措置をお願いします」

なおこの陳情書は、「教育委員会陳情第 4 号」とし、こちら に掲載されています。
(「平成25年7月~12月」の部分をご覧ください)

さて、この陳情 4 号は、7 月 9 日に開催された「江戸川区教育委員会・第 13 回定例会」で審議されました。その委員会を傍聴に行った保護者の方が、当会にお寄せ下さったレポートをご紹介いたします。以下、投稿文になります。なお【注】は、当会による注釈です。

「7 月 26 日の教育委員会会議に傍聴に行った記録を送ります。固有名詞や細かい文言で正確 さに欠けますが、だいたいの主旨をお汲み取りください。

【注1】  教育委員会の議事録は、時間を待てば区から正式なものが公表されますが(会議録として、こちらにUPされます)、過去の例を拝見しますと、Web公開まで2~3ヶ月程度のお時間を要しておりますため、 傍聴に参加された保護者の方はメモで対応されたとのことです。

発言者は、次の方々です。

・浅野潤一教育長を含む、江戸川区教育委員会の構成者 全4名
・すくすくスクール担当の教育推進課長

さて審議です。

先にご紹介した陳情4号のほか、陳情5号も出ております。ほぼ同じ内容なので、ここで審議するということになりました。まずその内容の紹介がありました。

"......4 月から学童クラブ補食が廃止になり、子供たちは寂しくひもじい毎日を過ごしている。夏休みは 9 時から 6 時までと長く、子供たちの様子を考えると、 親として心配で不安で仕方がない。せめて夏休みだけは補食の持参をさせて欲しい......"

これを受けて、まず委員の方から発言がありました。

この方は、教育委員会としてどういう立場をとったらよいかを考察され、まず江戸川区教育委員会の基本方針【注2】を挙げました。

【注2】 江戸川区教育委員会の基本方針は こちら に掲載されています。

そして、この基本方針に立ち返るなら、教育委員会としては、最も子どもの成長を願っている保護者の意見を尊重し、補食についても前向きな検討をするべきではないか、という提言をされました。

区が当初挙げていた「肥満」などの補食廃止理由【注3】については、例えば、保存性に気をつけながら各家庭が子どもに持参させることで克服できるのではないか、という内容の提言をされたと思います。

【注3】  補食廃止の手紙の実物は こちら からダウンロードできます。

この発言について、すぐに直接の討論はなく、前回の教育委員会で学童クラブの現場に補食についての意見を聞くことを決めていたため、担当課長からその報告がありました。

課長
「前回の会議の提案で、全学童クラブで調査をすることになった。クラブマネージャーとサポーター【注4】あわせて 67 人の聞き取りをした。クラブマネージャーがいないすくすくスクールは 7 校ある」

【注4】   「すくすくスクール」における「クラブマネージャー」「サポーター」の位置づけについては、江戸川区HPの こちら をご参照ください。
「クラブマネージャー」とは、地域とすくすくスクールをつなぐ調整役、「サポーター」は地域のボランティアの方です。
クラブマネージャーは毎日来るとは限りませんし、サポーターは、主にサポートセンターの行事(児童向け各種レクリエーションなど)の時に、すくすくに来られているようです。

なお日々の児童の見守り、活動状況の把握は、「サブマネージャー」という区職員(保育士など子どもに関する有資格者)が担っています。今回は、このサブマネージャーからの聞き取りはなかったようです。

課長発言の続きです。

■質問1 子どもたちの 5 時以降の様子はどうか?

(クラブマネージャーまたはサポーターの回答)
何も問題なく、たまにお腹が空いたという子どもがいるが、子どもは順応性があり楽しくすご している。

■質問2 補食について必要と思うか

(クラブマネージャまたはサポーターの回答)

「継続したほうが良い」が 4人。

「必要な子には出すべきだ」が 3 人。

    理由…あったほうが落ち着く。夕飯が遅いとかわいそうだ。

「なくなって良かった」が 60 人。 

    理由…なくていいと思っていた。差別がなくていい。
        お腹が空いても我慢して夕飯を食べたほうがいい。
        食べない子がいる中での補食には問題がある。

(このアンケートは、親が補食を用意することではなく、区が補食を出すことが前提になっているそうです)

この後、さらに別の委員から、すくすく職員に直接聞いた話として、「子どもが遊びに夢中になっている中で補食は不必要である」とか、「補食は夕方なので腐る心配がある」という意見を聞いたという報告がありました。

教育長からは、「補食を持参させて欲しい、自由に持って来られるという環境は、これまでやってこなかった。 すくすくスクール全体の共通の場で、共通の生活をさせたい。食べる子、食べない子がいるのは難しい。バラバラになってしまう。もしやるとなるといろんなことが起こる。いつどこで食べるのか、何を持ってくるのか。夏休みは時間が長いといっても、学校がある時と変わらない。そこに特別な配慮が必要かどうか? 全体が皆同じ生活ができるようにしたい。個別に持参させてくれというのは受け入れられない」

という趣旨の発言があり、委員2名からも、教育長に賛意を示す発言がありました。

補食を提供しない理由として、「すくすくスクールは教育の場でもある」「子どもに我慢させることも大事だ」ということも、ここで挙げられています。

また夏休みは一日が長いと言っても、「休息できる時間は設けており、水で水分補給できるよう配慮しており、夏休みだからといって特別な問題はない」という考えも示されました。

採択に関して、ここで壁を作らず継続審議とする提案もありましたが、委員長は採択不採択の結論を出すことを選択。挙手にて 採択 1 人、不採択3人。この陳情は不採択となり、約 30 分で審議は終了しました。

補食持参を支持してくださった一人の委員さんは、「子どもの人権尊重、健全な育成を願って、教育委員会と学校、関係諸機関、区民とが連携を深め、一人ひとりが安全な生活を送ることができるようにつとめていきます」という教育委員会の理念に立ち返るべきであることを訴えて いました。

一方、委員のお一人は、子どもから補食を取り上げておいて「子どもも我慢することが大事だ」と言い放ちました。

なんと大人の都合、行政の都合を弱い立場である子どもたちに押し付けたご都合主義でしょうか。

教育長が再三言っていたように、食べる子と食べない子を分けられないということを理由にするのであれば、全児童放課後事業と学童クラブを合体させたことそのもの【注5】が間違いだったと言わなければなりません。 

【注5】  江戸川区は2003年、区内1校において試験的に、それまでの区の「学童クラブ」を、「全児童放課後事業(名称:すくすくスクール)」に統合。翌2004年には、区内の全小学校の学童クラブを、「すくすくスクール」に統合しました。
この統合当時も、学童の「おやつ」はいったん廃止の俎上に乗りましたが、学童保護者たちの強い働き掛けにより、学童保育時代の「おやつ」から「補食」と名を変え、提供時間や方法など変更しつつ、2012年3月末まで継続され、2013年4月から廃止となりました。

また質疑の中で、担当課長から、すくすくにかかわるスタッフ67 人に聞き取り調査をしたという報告がありました。しかしこの67人のうち、「クラブマネージャー」が何人か、「サポーター」が何人かは、報告がありませんでした。

さらに、子どものことを最もよく知るのは「サブマネージャー」です。実際に、これまで補食を出す役割だったサブマネージャーへの聞き取りがされていないことが疑問です。

「補食について必要と思うか」という質問は、具体的にどのような聞き方をしたかで答え方も変わると思います。補食が廃止されてしまった後に、行政執行者からこの質問をされて、あえて「必要」と答える人は、ある意味、区の施策に反対の意向を示す事になるわけですから、とても勇気が必要であることだと推察します。

この質問が、補食が廃止される前に、もっといえば午後3時半や午後4時ごろに補食が提供されていた頃にされていたなら、ほとんどの人が「必要」と答えたのではないでしょうか? 

親が働く子どもたちが、毎日の放課後生活でおやつを提供されていた学童クラブ。その機能を奪っておいて、悪いほうの平等を押し付けるのは「他の人を思いやる心の育成に努めます」という教育委員会の理念からも外れるのではないでしょうか。

レポートは以上です。長文のご投稿、ありがとうございました。
本記事が、多くの方のご参考になれば幸いです。

今後また、他校保護者からのレポートをご紹介して参ります。

2013年7月28日

【予告】更新が再開できるか?不透明な部分はあれど、多くの材料が揃いつつあり…

ウォッチ頂いている皆様、ありがとうございます。
大変ご無沙汰いたしました。

いま多くは書けませんが、お伝えできる情報がそろってきて、またお伝えできる状況になりつつあります。明日か、来週かはわかりませんが、現状をリポートしていきます。

お待ちください。

2013年4月29日

【参考】荒川を上流にさかのぼれば…そこには「おやつ」再開を求める保護者の声に「耳を貸す」自治体が。

アクセス、ありがとうございます。

すでにご存じの方も多いと思いますが、荒川区でも、本年2月ごろに学童のおやつ廃止(「受託」の廃止などと、遠回しなことは言ってないようです)…が、決定されました。

といっても区内全校ではなく、まずは2校からということで、そのうちの1校が大門小学校という小学校です。おやつ廃止の通知 (手紙一枚ペラ…ではなく、ちゃんと説明会を開いたようです) が、2月7日にあり、廃止が新年度・4月1日からということで、1月23日に告知した江戸川区より ちょっと遅いです。

でもその後、おやつ廃止撤回を求めて動き出した保護者への対応は素早く、また「利用者の声を聴く姿勢」があります。

そして様々な経緯を経て、荒川区は4月下旬から、学童のおやつの再開を決定しました。廃止決定からわずか3か月で、区民の声を、「少数派(だってわずか2校です)」と切り捨てることなく、対応しました。

区内全73校で、一斉におやつ(の受託)を廃止し、それらを「少数派」と切り捨てた江戸川区との、区・教育委員会の姿勢の違いが明確ですね。たとえば新一年生に対して、廃止したおやつの件をきちんと説明しなかったことについても区の担当者が保護者に対して謝罪するなど、こちらから見れば非常に新鮮な対応です。

荒川区では、「にこにこスクール」という全児童タイプの放課事業をこれから推進するようです。江戸川区で、8年前に起こったことが、同じく起ころうとしています。

共働き家庭の児童(毎日必ず決められた時間までいなければならない。好きな時間に帰れない)の放課後の居場所「学童」と、そうでない児童(来たいときに来ればいい。帰宅しておやつを食べようと思えば帰宅できる)の居場所が、「放課後プラン」の名のもとに一体化した時に、もともとの「学童保育」に何が起こるか…? 私達、共働き世帯の江戸川区民は、もう、いやというほど、知っています。

詳しくは、荒川区・大門小学童おやつを守る親子の会 (Facebook)で、ご覧ください。

(追記)
本記事にコメントでいただきましたが、下記サイトにも、この件について記載があります。

おやつ復活を知らせる4/29日付記事には、「多くの保護者の声が届いたということでしょうか」と、書かれています。江戸川区の学童家庭からすれば、本当にうらやましいことですね。

コメントくださった方、ご紹介、ありがとうございました。
http://arakawa-gakudou.jimdo.com/


2013年4月24日

「水しか飲めない」子どもたちの現状が次々と…4/21(日)小松川・学童保護者有志集結レポ

アクセス、ありがとうございます。

さて4月21日(日)、小松川さくらホールにて、もう一人の陳情者の方が主催された集まりに参加された方から、昨日レポートをいただきましたので掲載いたします。

お忙しい中のご投稿、ありがとうございました。ほぼ全文を掲載させていただきます。

当日は天気も悪いし、集まり具合はどうなのかな、と思いましたが、区内10校の有志が集まっての活発な意見交換となりました。

うちの小学校は、まだ自主運営案どころか、保護者同士の横のつながりもうまくいかなくて、皆さんどうされてるのかな、というのが出席の動機でしたが、横のつながりに苦労されてるのはどこも同じなんですね。そうですよね、働いているもの同士が時間、手間を割いてまとまるなんて、よっぽどきっかけがないと、難しいですよね。

4月から補食がなくなって、どうなのかな、「意外に慣れてきた」って話もでるのかしら、と思いましたが、全然そうではなくて、こんな事例が出ました。

・帰宅後の遅いおやつで、その後の生活リズムが乱れた
・夕食をドカ食いするようになった
・寝る時間が遅くなった
・すくすくで17時すぎたあたりから子供たちがいらいらしていると聞く

・18時に学童終わって家に着いたら、倒れこんで食事を待っている


など、給食から夕飯まで、水しか飲めない状況が、子どもの生活リズムを乱したり、精神的な不安定さを招いている状況が次々と報告されました。

さらに、こうして子どもが犠牲になるのを目の当たりにして、もう仕事を諦めようかとか、学童に預けなくて済むよう、フルタイムを辞めて早く帰れる仕事(パートなど)に転職を考えている保護者の話など…私の周りで起こっていることが、他の小学校でもやっぱり起こっているんだ…と感じました。

さらに、補食だけではなく、「すくすく」での子どもたちの過ごし方についても様々な意見が出ました。

うちの小学校のすくすくでは、テレビの前に子どもたちを集めてマンガ(DVD)見せて静かにさせてることが日常的に行なわれてるし、書棚のほとんどはマンガです。

これって、少ないスタッフで多くの子どもを見なければならない現状の下では仕方のないことなのかしら?って常々思いつつも、疑問を感じていました。

しかし別の学校の保護者のかたから、テレビに保育させてるの??うちのすくすくには、テレビなんか無いわよって逆にびっくりされました。他にも、書棚の内容もマンガが中心のところ、そうじゃないところなど色々で、区内でも、すくすくによって随分違うんだって、初めて知りました。

「”学童(保育)”じゃなくて、”すくすく”だからしょうがない」ってわけじゃ、なかったんだ? ってこういうことも今日出席してなかったら、わからなかったです。

今年度に入ってからのサブマネージャーの子どもたちへの対応って、いままで以上に、いろいろ行き届いていない印象があるのですが、これって、この人数で子どもたちの面倒をみるのは限界っていう、現場指導員の一種の悲鳴かしら…とも思ったり、するのです。

そういう時だからこそ、同じおやつを一緒にたべて、感想言って、大人も子どもも相手の顔みてコミュニケーションとって、血糖値をほどほどに上げてホッと一息の時間、って、役に立つと思うのだけれど。家族ゲーム、じゃないけど、一列に並んでテレビ見るのじゃ解決しない…と思うのは、わたしだけ?

せいぜい、小3までしか行かせないすくすくでも、幼児が子どもになっていく大事な三年間…長い長い放課後…。

共働きすることが悪いと思わされるのも辛い。
そんな時代じゃないのに。

でも、今日の会合をきっかけに、の話も含めて、子どもの放課後を考える会、みたいな意見・情報交換の会を立ち上げて継続するお話が出ていて、私としてはちょっと心強かったです。

最後に、あの場を主催してくださった方に、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

レポートは以上です。ご投稿いただき、誠にありがとうございました。

2013年4月14日

【集まれ!】4/21(日)14:00~16:00 「小松川さくらホール」 補食自主運営などに関する情報交換会開催

お久しぶりです。アクセス、本当にありがとうございます。

さて、2/25の記事「もう一人の母、起つ!」でご紹介した方から情報をいただきました。

当「継続を願う会」の陳情が江戸川区議会において「144号」ですが、この方の陳情は「145号」として提出されております。いわば同志となるわけですが、このたび、顔を合わせての情報交換の場を設けていただきました。

学童OBや現役学童の保護者達で、4月に補食の件で戦った(?!)者中心の集まりを予定しています。

◆4月21日(日)14:00~16:00(予定)

 小松川さくらホール 集会室2

会場は、都営新宿線「東大島」駅から約1km、徒歩12~15分のところ。
詳しいアクセス案内は こちら にあります。お子さん連れでも大丈夫だそうです。

実際に自主運営で動かれている方、また動いてはいないが現状どうなっているのか情報が欲しい方など、関心をお持ちの方のご参加大歓迎とのこと。当会からも、何名か参加いたします。皆様もぜひご参加ください。

さて話は変わりますが、一昨日、4/12(金)、文教委員会が開催されました。
当会の陳情が俎上に乗りますのは、今回で第二回目になります。

なお第一回目の様子は、3/14記事「3/13文教委員会傍聴レポ★「本陳情は”継続”扱いとする」で、ぜひご覧ください。

一回目の時にはあえなく「継続」となりましたが、結論から申しますと、大方の予想にもれず、今回も「継続」扱いとなりました。

詳細については、傍聴された方からのレポートを掲載できればと思いますが、現在確認中です。少々、お待ちください。

皆様から頂いたたくさんの署名も加えられ、多くの市民の声として届けたわけですが、残念ながら江戸川区において、一度決まった方針は今回も変わらなかったということでした。

今後も、補食に関する具体的な情報交換は、「江戸川区学童家庭メーリングリスト」 で、引き続き展開中です。皆様のご参加をお待ちしております!

詳しいご参加方法は、
3/20記事 【拡散希望】江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」 をご覧ください。

※特に携帯キャリアのメールアドレスでご登録いただくと、こちらからの招待メールが届かないケースが頻発しております。不達状況がこちらで把握できないため、そのままになってしまう可能性もあります。お手数ですが、edogawa-gakudo@freeml.com から受信できるよう、設定をお願いします。

当ブログ、3/30を最後に更新頻度を落としてから二週間たちますが、驚くのは、デイリーのアクセス数が高い状態で維持されていることです。それだけ関心が維持されているということでしょうか。皆様、本当にありがとうございます。

現在、補食のない状態で学童っ子たち日々、すくすくスクールで過ごしています。中の人の周辺でも、これに関する話題がさまざまに行きかっています。こういった話も上記のメーリングリストで展開されておりますので、ご興味のある方はご参加ください。
 

2013年3月30日

昨日、江戸川区の学童保育で補食が終わりました。来週からはもう、「水しか飲めない」。

アクセス、ありがとうございます。

昨日は、保育園登園最後のご家庭も多かったことと思います。
長い園生活、お疲れ様でした。いよいよ新一年生。いや、その前に共働き家庭の子供たちは、来週の月曜日から、リュックサックに水筒とお弁当を詰め込んで、新学童一年生です。

昨日は、江戸川区の学童で最後の「補食」、いや「おやつ」でもありました。
どのような気持ちで、親御さんもそうですが、子どもたちは迎えたのでしょうか。

「大人の事情」を理解しろ、というのは、難しいですね。

さてメーリングリストですが、管理人によると、参加者が増えているそうです。ありがとうございます。色々不行き届きな面もありますが、まずは「横につながるパイプ」を持っていることが重要とのことで立ち上げておりますので、ぜひご登録くださいとのことです。

また、参加依頼メールを出したのに、MLからの「招待メール」が来ないという方がいらっしゃいましたら、お手数ですが「招待メールが来ない」と、ご連絡いただけますでしょうか。

携帯アドレスなどの場合、招待メールが受信拒否されたり、Gmailアドレスなどの場合は「迷惑メールフォルダ」に振り分けられている場合もあります。

こちらから招待メールを送ったものの、参加登録がまだの方が、本日現在で5名ほどいらっしゃるそうです。ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

なお招待メールは、参加希望をいただいてから遅くとも2~3日以内には、お送りしているとのことです。

MLへの参加は、下記からお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓
3/20 江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」

2013年3月25日

【具体的な話はMLにて進行中】 「おやつ」を無くしたくない江戸川区の保護者の方、MLにご参加ください!

アクセス、ありがとうございます。

このブログは、実の多くの方々、そして色々な方に見ていただいております。
しかし自主運営の道を探り始めた今、もはやここに、書きたくても書けない情報が多くなってきました。

今、自主運営の具体的な「道」の模索段階です。
ここから先の情報は、「関係者」のみにせざるを得ないのです。

そしてここに書けない話を、今、メーリングリストで進めています。

江戸川区に住み、子どもを学童保育に預けて働くご家庭の皆さん、これから預けて働くであろう保育園児などのご家庭の皆さん、子どもたちのおやつを守りたい、そして学童という場を守りたいとお思いの方は、ぜひ、メーリングリストにご参加ください!

参加方法の詳細は下記にて。

3/20 【拡散希望】江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」




「中の人」も、これからしばらくは、メーリングリストの中での具体的な活動にシフトしていきます。よって、ブログの更新頻度はちょっと落として行こうと思います(それこそ寝る時間がなくなるので…汗)。

2/5の本ブログ立ち上げ以来、ほぼデイリー更新で情報発信してきた結果、「江戸川区の補食廃止問題」を、区内はもちろん、全国の多くの方に知っていただくことができ、また5000を超える署名をお寄せいただき、深く深く感謝しております。力もコネも時間も金もない、普通の一市民が、インターネットメディアを使ってできることの可能性を、垣間見た気がします。

これまでアクセスしてくださった皆様、本当にありがとうございました。ここでの情報発信はやめるわけではなく、何かここに出せる動きがあった場合は、すぐにお知らせしますので、時々はチェックしてください。どうか今後ともよろしくお願いいたします。

あとお願いです。
この春に保育園を卒園され、
4/1から学童に入られるご家庭の皆さんへ。

学校生活より先に始まる学童生活。保育園はよかったなあ…とため息をつくことしかできず、もう不安やら何やらがいっぱいいっぱいの心中、お察しいたします。元新一年生学童の母だった中の人も、その状況は痛いほどわかります。

とにもかくにも、4/1からは、給食やお弁当の後18時まで、補食はもちろん、麦茶も出ません(←もしかしたら、これはすくすくによると思いますが)。小さな新一年生の子どもたちが、口にできるのは水道の水だけです。

4/1から学童に通ってみて、実際のお子さんの反応はどうだったか?

来週になりましたら、その状況や心境をぜひメールでお寄せください。お待ちしております。

では今日も、ありがとうございました。

2013年3月22日

来週は新学童っ子「最後のおやつ」の一週間★膠着状態?「自主運営」…

アクセス、ありがとうございます。

昨日ご紹介したメーリングリストへの参加希望、続々といただいているそうです。
引き続き、よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓
【拡散希望】江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★
横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」

まず掲載記事のご紹介です。
ダイヤモンド・オンラインの「経済・時事」コーナー連載 《 ザ・世論 》にて、「江戸川区が「学童のおやつ廃止」 ネット上の意見に見る格差社会の“偏見”」という記事を取り上げていただきました。

書かれているのは、小川たまかさんという、教育格差や待機児童問題などについても取り上げておられるライターの方。ご関心をお寄せいただき、ありがとうございました。

本ブログでは取り上げませんでしたが、江戸川区の補食廃止問題については、産経新聞の記事掲載(参考:2/28記事 「江戸川区から新ネタ「補食実施のための人件費が年間4500万円かかる」(@_@!初耳」)以降、Twitterや巨大掲示板などにおいて、いわゆる「叩き」が発生しております。そのほとんどは、実情を知らない立場の方々によるものですので、当方は静観しておれば問題のない範囲と考えています。

あえて一部をご紹介すれば、「子どもに無料で(税金で)おやつを食わせろとは、なんて厚かましい親たちだ!」などの声で、いやいや、ほとんどの保護者は月額1700円+学童育成料月額4000円を負担しているんだよと、そういう事実を読みもせず、また知ろうともせずこういうコメントを書いてることが明らかにわかるものがほとんどです。

上記記事では、そういった「よく読みもしないで叩いている」ことに対して、それは違うのでは?と分析もしていただいております。ご一読をお勧めします。

さて、次の話。
3/13文教委員会傍聴レポ★「本陳情は”継続”扱いとする」 に、コメントをいただきました。

傍聴内容、拝見しました。

区議さんの中にはいい質問をされる方もいらっしゃるんですね。
どなたなんでしょうか?
ぜひ、頑張ってほしいです。
きちんと頑張っている人、成果を出している人が評価されるように
応援していきたいです。

逆に発言権があって反論を述べない=肯定、なんですよね?
それも知っておかねば…。選挙の大事さを痛感します。

コメント、ありがとうございます。
傍聴に行った者に、文教委員会で質問をされた議員さんのお名前を聞きました。

陳情144号(当会陳情)に質問されたのは、上から6番目の方だそうです。

区議の方々は、区民に選ばれた責任を背負って、区民のために日々、議会で奔走されています。そして私たち区民もまた、議会で活躍していただく区議を、「選ぶ」という責任を持っています。

補食廃止問題に端を発する、このたびの江戸川区の一連の対応を見て、何か思うところ、感じるところある皆さんは、次の江戸川区議会選挙、さらに江戸川区長選挙においては、ぜひ「選びに」行くと良いのではないでしょうか。

無言でいること(棄権すること) = 現状を肯定すること。

まさにコメントで書かれているとおりです。

さて来週はいよいよ、新一年生にとって保育園生活最後の一週間です。

保護者の皆さんの感慨もひとしお、しかし18時以降お迎えの方にとっては、さ来週からの学童生活は、大きな不安を抱えてのスタートとなるのではないかとお察しします。

自主運営の話は、いくつかこちらにも情報が入ってきていますが、残念ながらブログで公表できるだけの確認、確証が取れません。正直、膠着状態です。

ですから今できることとしては、補食を廃止し、「自主運営をしなさい」と言っている部署(教育推進課)に、自主運営をしなければと考えている保護者が、直接、聞くことです。

教育推進課は、本件の担当部署です。江戸川区のHPにも、連絡先が載っています。検索すれば、どなたでも容易に、この情報を得ることができます。

また、江戸川区議会のHPでも、情報公開がなされており、「補食」「学童」「すくすく」など、知りたい語句で過去の会議録を検索できますので、この件について、どの議員さんがどういった発言をされ、どの担当部署がどのように回答しているかなどを、区民はすぐに知ることができます。(会議録の公開には実施から2~3ヶ月かかっているようですが)

会議録の検索ページは こちら です。


さて、今後は、保護者同士の情報交換は、クローズドなメーリングリストでするしかないような状況になってきました。
メーリングリストへのご参加方法は、昨日の記事でお読みください。

MLへのご参加はこちらから
【拡散希望】江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」

よろしくお願いいたします!

2013年3月20日

【拡散希望】江戸川区「学童家庭メーリングリスト」開設★横につながろう★参加者募集!「まずは自主運営の話でも…」

アクセス、ありがとうございます。
さて今日は、メーリングリスト開始のご案内です。管理人からのお知らせを載せさせていただきます。

ブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは。
この度、「東京都江戸川区・学童家庭メーリングリスト(略称:学童ML)」を立ち上げましたので、ご案内です。

今回の件で必要性を痛感したのは、学童家庭間の「横のつながり」でした。

多くの学童保護者がそうだと思いますが、同じ保育園だったとか、子どもがおなじクラスなどでなければ、顔と名前が一致しなかったり、まして連絡先もわからない…という方が多いのではないでしょうか。まして、ほかの学校の学童保護者となると、全くわかりません。

しかし今回のように、突然の補食廃止、困惑と混乱、そして明確なプロセスも示されないまま「お母さんたちで自主運営すればいい」と言われても、たった一人でどうしたら? 数人でどうしたら? と、なってしまいます。そんな時に、情報交換できる横のパイプがあるのは、重要なことです。

また、学童の補食廃止は今回だけの話ですが、さかのぼれば7年前、それまでの学童クラブが、「すくすくスクール事業」への吸収統合された時から、江戸川区の学童は、ある「変化」の道をたどり始めています。

すくすくスクールに吸収されて以降、江戸川区の学童保育は、学童利用者のニーズを汲み取って、「より良く」なったかな? と考えると…皆さんいかがでしょうか。それまで3~4時だったおやつの時間が、一般登録児童との「不公平」で5時以降になった、さらに今回の「補食廃止」など、むしろ「より良く」とは反対の路線を進んでいるような気がしませんか。

いったい江戸川区は、「学童」をどうしようと、どこへ持って行こうとしているのでしょうか…?

この「学童ML」では、今差し迫った問題としてある「自主運営どうする」という話はもちろん、そんな先々のことも含めながら…さらには、日ごろの学童での出来事、すくすくでのことなど、「働く親の子どもたちの放課後」のこと全般を話題としていきたいと考えています。

そして、働きながら子育てをしている私達が横につながっていることは、今後とても役に立つことでしょう。

もしかしたら熱い議論が飛び交うときもあるかもしれませんし、しばらく何の投稿もなく静かな時もあるかもしれません。まあ日頃忙しい働く親たちですので、普段はゆる~~くマッタリと、しかしいざとなったらしっかり情報交換できるよう、今ここで、「メール」という手段でつながっておきませんか。

以下、参加のご案内です。

東京都江戸川区・学童家庭メーリングリスト 
参加のお誘い

◆参加資格
原則、江戸川区在住の、「すくすくスクール・学童」に登録されている児童の保護者に限ります。

ただし、以下の方もご参加いただけます。
現在保育園に在園中など、将来的な学童登録を希望する方
働き方の関係から今は学童登録していないが、就労状況の変化などにより、今後学童登録する可能性のある方。
かつて学童保護者だった方で、今後の江戸川区の学童施策の行方に関心のある方

他にも、上記条件に該当しないが参加を希望される方は、メールでその旨ご相談ください。

◆参加方法

①「参加希望メール」を送る。

下記をコピー&ペーストして、「例:」の部分を消してご記入のうえ、gakudo.hoshoku@gmail.com へお送りください。〆切はありません。いつでもどうぞ。またお友達の学童ママなどにもご紹介ください。
--cut----------------------------------
江戸川区学童MLに参加を希望します。

■1.お名前 (必要ならハンドルネーム)
例:江戸花子(はなちゃん)

■2.メールアドレス
例:xyz@abc.ne.jp

■3.お住まい(町名のみ)
例:小岩、大杉、西葛西、など

■4.在校または入学予定小学校名
例:〇〇小 

■5.現在の学童登録状況は?
例:あり、なし、夏休みだけ登録予定、など

■6.ご質問、ご意見、自己紹介など自由メッセージをどうぞ
--end----------------------------------

※本MLは、関係者(学童家庭)以外の登録を防ぐため、また「なりすまし」等による参加を防ぐため、上記の参加希望メールをいただいてからの承認制を取らせていただくことにしました。ちょっとお手数だとは思いますが…MLにおける信頼性ある情報交換のため、ご面倒でもよろしくお願いいたします。

※お送りいただいた参加希望メールは、管理人のみが責任を持ってお預かりいたします。個人情報は、ML参加確認のためにのみ使用し、情報が他のML参加者に流れたり、ブログなどホームページ上に掲載されることは絶対にありませんので、どうかご安心ください。

 ②「招待メール」が届いたら手続きする

参加希望メールをお送りいただくと、MLへの「招待メール」が届きますので、指定のURLから、freemlサービスのHPで登録を完了してください。この際には、実名や校名は一切不要です。
以上で、利用を開始いただけます。

なお「招待メール」のご送付は、管理人が手作業で行いますので、数日かかる場合もございます。すみませんがよろしくお願いいたします。

(4/2 追記 : 携帯アドレスでご登録いただいた場合、迷惑メール設定などにより、こちらからの招待メールが届かないケースが発生しています。不達の状況をこちらで把握できないため、確認がとれません。

お手数ですが、edogawa-gakudo@freeml.com 
からの受信ができるよう設定をお願いいたします。

こちらでは、参加希望をいただいてから遅くとも3日以内には、招待メールを発送しております。もし一週間過ぎても招待メールが来ない場合は、お手数ですがご連絡ください。よろしくお願いいたします。)


③利用を開始する
登録完了すると、利用開始です。他の参加者のメール(投稿)が、自分に届くようになります。

また自分が投稿したいときは、登録後に案内される【投稿用アドレス】にメールを送ると、登録者全員にメールが配信されます(自分にも同じものが届きます)。

なおGMOのサービス「freeml」を使用しておりますので、メール文中に数行の広告が入りますが、ご容赦ください。

ご不明なこと、わからないことは、【お問い合わせ用アドレス gakudo.hoshoku@gmail.com 】までお問い合わせください。管理人も皆さんと同じ、働きながらの子育て中ですので、ご返信に数日を要する場合もありますが…何卒ご容赦ください<(_ _)>
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ML管理人からの連絡は以上です。

お母さんだけでなく、お父さん方のご参加も大歓迎だそうです。お誘いあわせの上、ご参加ください♪ よろしくお願いいたします!

2013年3月18日

新一年生学童保護者会にて「今後のことはお母さん方でまとまって相談して」と。

アクセス、ありがとうございます。

さて、補食の廃止まであと二週間少々となりました。不安を抱えている新一年生の保護者の方から、メールをいただきました。ありがとうございました。

その方は、「区長への手紙」をだし、回答が文書で戻ってきたそうです。
さっそくご紹介します。なお新一年生向けの学童登録説明会でのやり取りも、お知らせいただきました。

こんにちは。何度かメールをさせていただいている○○です。
いつもありがとうございます。


我が家にも「区長への手紙」の返事がきました。
開封してビックリ! 御覧のとおりです…。言葉になりませんでした…。添付いたします。

学童新入生説明会の様子です。
うちの地区では学童登録する新一年生20名弱という感じでした。補食については来年度のすくすく全体の変更点で「希望制で行っていた学童補食は廃止」とさらっと触れるのみで、特に他の方から質問などもなく、最後の最後で私が質問いたしました!

指導員さん一同「きたかぁ!」と言う感じで苦笑してましたが、一応丁寧に説明はしてくださいました。

結論から言えば、補食はもともと自主運営なので、今までのような提供は行わない。これは揺るがない印象でした。

「今後のことはお母さん方でまとまって相談して決めてください。」と言われました。
教育長の答弁どおりレクチャーを受けている感じでした。ただ、この地区では現在14名しか補食を受けていないこと、また新一年生も17時30分育成の方も多く、「17時過ぎに食べるならいらない」という意見が多い感じがしました(全員に聞いたわけではないので私感)。

「相談して決めろというならば、教室がないなどの物理的理由で却下するようなことはしないでほしい」と言ったところ、「それはない。私達もこれまでの経験から多少はアドバイス、助言はできると思う」というような少し前向きなお返事をいただきました。

ただし、個人個人の持込みは考えていない。4月1日からのお弁当と一緒におやつを持たせることはダメとのことでした。
 

実際には知り合いもいない、希望者がいるかわからない、うちの子ちょっと肥満傾向?(汗)の中でどうしていいのかわからず、ぼんやりしてしまっている状態です。

「お母さんたちで相談して決めて」と言われても、まさかそんなことはないと思いますが…例えば「場所も貸さない」とされたら、どこで食べさせればよいのか。子どもたちは校内(すくすく)に、18時まで管理されている学童登録児童です。実質、食べさせることができない状態になります。

場所のこともそうですが、人手もそうです。やはり「大人」の介在がなければ、デイリーなおやつの管理と提供は難しい。江戸川区が大好きな、「ボランティア」とか「地域力」でなんとかしろということでしょうか。 

疑問は尽きませんね。「お母さんたち」、いやいや「お父さんたち」も、考えましょう。

そして自主運営に関して、いろいろわからないことは、ぜひ、補食の廃止を推進した担当部署(←click)に直接聞いてみましょう。

得た情報は、ぜひお寄せください。新しい情報を得ることで、次への道も拓けます。
よろしくお願いいたします

では最後に、こちらの方がいただいたという、「区長からの回答」をご紹介しましょう!
あれ、どこかで読んだような文章が…
比べてみました。(クリックで拡大します)

赤枠の部分、まったく同じでした。

次回4/12の文教委員会でも、「全体についての考え方でよろしければ」ということで、こんな感じの資料が委員会に提供されるのでしょうか? 詳しくは 3/13文教委員会傍聴レポ★「本陳情は”継続”扱いとする」 でご覧ください。
 
ではまた。 

2013年3月17日

【今はむかしのことなれど】 昨年12月・区議会定例会における「補食廃止」関連発言

アクセス、ありがとうございます。

昨日の記事 【動き出す自主運営】ある母の行動に、区担当部署はどう答えるのか? に、ありますとおり、自主運営の道を探っている学童保護者の方々からの、ご意見、疑問、取り組みの状態などのご投稿を受け付けております。ぜひよろしくお願いいたします。

さて、今日の話題は、ちょっと古い話です。あくまでご参考までにという感じです。

補食の廃止を利用者が知らされたのは、今年の1/23です。
ただ1000万円予算の削減と、補食(受託)の廃止は、前年の10月ごろから議会でやりとりされ、着々と決定に向けて進んでいたのは既報の通りです。

その過程において、昨年12月の区議会定例会で、ある区議の方が補食に関する質問をされていました。この議事録(文書)が、開催から3か月半ほど経過した先日、ようやく江戸川区議会サイトにUPされましたので、ご紹介します。

◆議員からの質問(クリックで拡大)
◆教育長の回答(クリックで拡大)

では、文章を抜粋してみましょう。

◆議員からの質問

まずはじめの質問は、すくすくスクール内学童クラブについてです。

来年度の見直し二百十六項目に、すくすくスクールの運営体制として、非常勤職員の削減と職員配置の見直しが含まれています。これは学童クラブだけではなく、すくすくスクールのレベルダウンにつながる懸念があると考えます。

今年の九月現在の学童登録児童数は、すくすく登録児童二万四千九十二名の一八%にも上る四千三百六名となっております。それだけ保護者の要望が高いと考えます。

江戸川区学童クラブ事業条例には児童福祉法第六条の三、第二項の規定に基づき、「家庭において保護者の適切な保護を受けることのできない児童に対し、健全な育成を図るために必要な生活指導等を行うものとする」としています。

今必要なことは、区が児童福祉法の立場に立ち、職員削減ではなくむしろ充実させることではないでしょうか。学童クラブは第二の家庭ともいわれ、「ただいま」と帰ってくる子どもを保護者のかわりに迎える場としてその役割を果たしてきました。学童登録がすくすく全体の二割に近いのは、その期待のあらわれです。見直しでは、非常勤職員を来年は採用しないとしていますが、学童登録児童の減少を見込んでいるのでしょうか。

昨日、教育長は同僚議員への答弁で新たな基準をつくること、また「配慮を要する児童の受け入れを見直す」と述べたと理解しましたが、どう見直すのでしょうか。また、二十人に一人の指導員の配置という最低基準は守るべきで、従来から指摘してきた、指導員の配置は正規職員で行うべきと考えます。

補食の廃止も重大な問題です。東京都の学童クラブ事業ガイドラインによれば、子どもの健全育成の視点から、おやつの提供を示しており、時間を決めておやつを食べることは、健康管理・情緒面からも必要不可欠だと考えます。

そこで、次の二点について質問します。

一つ目は、学童クラブの保育の質や子どもの安全を保障するためにも、配慮を要する児童を受け入れるためにも職員の最低基準は守り、削減すべきではないと考えますが、いかがでしょうか。

二つ目は、補食の必要性は指摘したとおりで、子どもの健全育成を図るために継続するべきと考えますが、いかがでしょうか。

◆区長の回答
 すくすくスクールについてのお話は、教育長のほうからお答えをいたします。

◆教育長の回答

すくすくスクール内の学童クラブというお話でございますけれども、私どもが今回見直しをするというのは、すくすくスクール全体の職員についての適正化を図るということでございまして、お話ですとすくすくスクールを独立させた何か運営主体のようにお話をされていたように聞こえるのですけれども、我々は一般の登録も含めて、そこにともに過ごす子どもたちに応じた職員配置をしているわけでありまして、ここのところについて、何年間かの間にいろいろな事情の中でつけてきた非常勤についての適正化を図っていきたいということでありますので、学童クラブ事業そのものについて、基本的にそこに何か変更を加えようというようなことでは全くございませんので、御理解をいただきたいと思います。

それから、補食のことでございますけれども、おやつということの提供をというふうなお話でございましたけれども、今、現実的に一般の子どもたちと一緒に過ごす中で、そういうことを実際におやつといいましょうか、そういう補食を与えられる時間というのは五時過ぎないと与えることはできません。

従来、もともと三時に与えていたというおやつの意味とは全く違うわけでありまして、帰ればすぐ夕食というような条件の中で、なかなか提供はしづらいということが条件としてありますし、このことを希望されている保護者の方も、全体の中で三分の一程度ということでございます。その方たちも食べたり食べなかったりということで非常にこの管理が難しくなっておりますので、廃止をしたいということでございます。

以上でございます。

いやいや、今となっては…ですね。

2013年3月16日

【動き出す自主運営】ある母の行動に、区担当部署はどう答えるのか?

アクセス、ありがとうございます。

さて昨日の記事 3/13文教委員会傍聴レポ★「本陳情は”継続”扱いとするに、コメントをいただきました。

初めまして。質問なのですが今から署名を集めるのでは遅いでしょうか?
昨夜、こちらを知りまして、同じ働く親として署名をしたいと思いました。


大丈夫です。陳情は、「不採択」にならない限り、ずっと「継続」していくそうなので、委員会のたびに「今回の署名追加はいくつあります」と発表され、総数が増えていきます。

ざっくり言っていまのところ4966筆、提出していますので、これがどんどん増えていくことになります。まだまだ受付中です! ぜひ、よろしくお願いいたします!

署名用紙は、この記事の上のほう ↑…このブログのメインタイトルの真下にリンクを置いております。

さて次のコメント。

こうやって継続継続とあっさり流れて、江戸川区の悪いところ(放射能関連など)がいつになっても治らないんだ・・・と改めて感じました。

次回は4月・・・もう捕食無しの学童生活が始まってしまうということですよね。
傍聴内容を教えてくださりありがとうございました。


ありがとうございました。
江戸川区の放射能対策の遅れなどに関しては、本会の主旨ではないのであえて踏み込みませんが、こちらも同じ対応を受け続けているようです。

まあでも誰も声を上げなかったら、「この件は区民の賛同を得た!」ってことになっちゃうそうなんですよ~(@_@;)。ええっって感じです。無辜の民でも、それぞれができることはしたいですね~

次のコメント。

区長への手紙をだして、やっと返答が届いたと思ったら、全く一緒(むしろ短くなった)お手紙を頂きました。かってに自主運営ってことにして、勝手に委託を受けるのをやめて、酷いの一言です。

行政サービスの公平性の名目で、切り捨てられる少数派。
学童とすくすくが一体になってうれしいのは行政だけって、おかしくないですかね。

ありがとうございました。
例の「ア・レ」の短くなったバージョンが来たんですか?お手間ではなかったら、写真でよいので現物をメールでお送りくださいませ。ご紹介させていただきます(__)

さて今日の本題です。

4/1が刻々と近づいてきて、「継続」「継続」の陳情はそっちにおいといて、現実的になんとかしなくては! と、立ち上がる動きが区内各地に出てきています。

今日は、その一つの小学校の方から、江戸川区教育委員会に提出したお手紙をいただきましたので、ご紹介します。


貴重なものをいただき、ありがとうございました。全文をご紹介します。

平成25年3月10日
江戸川区 教育委員会 教育長 殿

4月からの補食廃止の連絡をいただきましたが、あまりに突然のことで、親子ともども困惑しております。

まず手始めに、区長への手紙で廃止に至るまでの経緯や利用者が納得いくような説明を求めてきましたが、明確な回答は得られず、担当係長からの『すくすくスクールは、子どもたちの遊びを途切れさせず、継続することを最重要と考える。』という主旨の、学童クラブ利用者不在の回答をいただき、親として心を痛めております。

その後の状況としては、当初の文書では、一方的な廃止の通告でしたが、個別の学童クラブでの説明会が開催されたところでは、『保護者が自主運営するのであれば構わない。』という主旨の担当者の発言、また、区議会での教育長の、『補食への補助の廃止であって、もともと保護者の自主運営であったのだから、保護者に改めてあり方を考えていただくことになるのでは。』という主旨の発言からも、保護者が自分たちで運営方法を考えてよいということへ流れが変わってきているように受け止めました。

従来どおり、指導員の皆さんの協力のもと、みんなそろって補食をとることができるのが一番ですが、財政の逼迫した状況を考えるとそうとばかりは言っていられません。
自主運営でも補食を続けることができるということは、本当にありがたいことです。

とはいえ、この押し迫った時期に、新しい運営方法を検討するにはあまりにも時間が短かく、年度替わりで利用者も入れ替わることから、なんとか自主運営が軌道にのる目処がたつまで、人件費がかかっていないボランティアの方のご協力をいただくなどして、一定期間の廃止の開始時期を延期していただくことをご検討願います。
すでに4月入室保護者向け説明会は開催されておりますが、潜在的な補食希望者は少なからずいると思いますので柔軟にご検討いただけると幸いです。
 

それがかなわない場合は、4月以降、保護者の自主運営の試行期間とご理解いただき、いくつかの方法を試すことをお許しください。
子どもたちの健全育成を考えると、短期間に、限られた方法から運営方法を決めることは不安です。

せっかく自主運営となるのですから、利用者の状況に合わせてよりよい事業者を選択したいと思います。民間事業者のみならず、PTA、学校応援団、地域の方々などに協力を要請することも検討しております。


まずは、4月以降の試行のための補食スペースの確保のお約束と、自主運営を許可いただくためのプロセスをお示しいただきますようお願いします。
 

どうぞ、学童クラブを必要としている親子へのご理解と寛大な対応をお願いいたします。

「4月以降の補食スペースの確保のお約束」
と、
「自主運営を許可いただくためのプロセスの提示」

どういった回答が返ってくるでしょうか?

他にも、自主運営に動き出した方がいらっしゃいましたら、差支えない範囲で結構ですので、情報をお寄せください。

おそらく多くの学童では、学童登録者同士の横のつながりも乏しい状態で、さらに新一年生の家庭も把握できず、どうしたらいいか? 困惑してるところがほとんどだと思います。

しかしたとえ、その小学校の学童家庭全員がまとまらなくても、一人でも、また数人でも、こうしたい、こうやりたい、という意見やアイデアを出して、まずは所属するすくすくスクールのスタッフに相談し、さらには補食廃止を決めた、区の「担当部署」に聞いてみましょう

うちのすくすくでは、こう対応があった、これはダメと言われた、これなら良いと言われたなど。
また区の担当部署にこういうことを聞いたら、こういう回答があった。など。

そしてその情報を、シェアしていけば、なんらかの道が見えてくるかもしれませんね。

区のあて先…補食廃止推進担当部署は、こちらです↓
江戸川区教育推進課

お電話でもよいですし、やはり「文書」のほうが、情報の再現性、証拠性の点から、ベターかもしれませんね。郵送は、下記へどうぞ。


なお回答を求める場合は、○月○日までに、と期限を明示したほうがよいでしょう。


陳情は「継続」の道をたどり、補食の廃止を撤回することは、現時点ではできませんでした。

あとできることは、必要とする人たちによる、現実的な対応です。
子どもたちが、18時まで水しか飲めない状況を、どうするか?

4/1が迫ってきてはいますので、大急ぎで。でも、たとえ4/1を超えても構わない、そのくらいの気持ちでいてもよいと思います。子どもたちの学童生活は、ずっと「継続」していくのですから。

引き続き、皆様のご意見や、自主運営に関する動きの情報をお待ちしております!

2013年3月14日

3/13文教委員会傍聴レポ★「本陳情は”継続”扱いとする」

アクセス、ありがとうございます。

さて昨日、文教委員会で、当会の陳情「144号」が初審議されました。


陳情原文は、こちらからダウンロードできます(区議会サイト内:PDF)

傍聴した者から、さっそくレポートをもらいましたのでご紹介いたします。

文教委員会を傍聴してきました。
出席者は、委員である議員の方々、および江戸川区教育委員メンバー、関連部署の責任者(補食廃止を進めた教育推進課責任者など)です。傍聴人は、6~7名ほどおりました。

教育委員会の人事異動などほかの事案等を審議したのち、陳情を一つ一つ、取り上げていきます。144号については次のようなやり取りがありました。

まず、144号は初めて扱われる陳情ですので、議会事務局職員による陳情文の全文読み上げがありました。 1(肥満という理由に対する疑問)、2(食材廃棄に対する疑問)、3(アレルギー対応に対する疑問)、4(予算削減目的に対する疑問)、5(児童憲章の精神に反するのではという疑問)まで、すべての陳情文が朗読されました。

次に、議長が「資料要求はないか」と参加者に問いました。疑問や質問があったらどうぞ、ということです。ここで一人の区議が、発言しました。(発言は一言一句正確ではありませんのでご容赦を)

区議
「この陳情文には、1~5の疑問が上がっているが、これに対して執行部の反論、回答はどうか? 資料を出してほしい」

教育推進課長
「全体についての考え方でよろしければ、次回(4/12)に提出します」

区議
「(質問の一個一個について)一対一の回答をしなければ、同じことの繰り返しにならないか? それでいいのか?」

◆教育推進課長
「…提出します」

議長
「他にありませんか? … (沈黙) …144号は”継続”とします」

やり取りはここまで。朗読を除けば、時間にして1~2分ほどでした。

次に、145号の審議に移りました。(注:2/25記事 もう一人の母、起つ! でご紹介した方の陳情)
このときは、別の一人の区議が「資料要求」を発言されました。

区議
「おやつを食べている子、食べてない子の割合を知りたい」

教育推進課長
「資料で用意します」

議長
「他にありませんか? … (沈黙) …145号は”継続”とします」
以上です。ほかの議案に移りました。
ちなみに、もっと以前から出されていた文教委員会扱いの陳情(小学校給食の放射能検査要求、区立幼稚園の廃園反対関連)などは、取り上げられてはいますが、質疑は一切なく、「資料要求はありますか?」「(しーん)」「では”継続”とします」で、流れていきました。こんな感じで陳情は、何ヶ月、何年と継続していきます。

レポートは以上。次の文教委員会は4/12(金)です。

144号に対する、区議さんのご質問はいいところを突いていただいておりますね。
「一対一の回答をしなければ、同じことの繰り返しにならないか?」と。

教育推進課長の、「全体についての考え方でよろしければ、次回(4/12)に提出します」ですが、もしかして「全体についての考え方」って、コレみたいなもんが出てくるんでしょうか…
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
※上記文書はこちらからダウンロードできます。じっくり読みたい方におススメ。

残念ながら、今回の文教委員会で144号陳情は採択されることなく、「継続」扱いとなりました。こうしてほかの多くの陳情と同じく延々と「継続」の運命をたどるのか? 状況が変化してめでたく「採択」されるのか? 次の文教委員会は、4/12(金)です。

「継続」してほしいのは、審議じゃなくて、「補食」なんですが…orz

さて、本ブログの大・大・大人気記事3/6記事 【回答来ました】公開質問状(請願書)の回答公開!  に、コメントをいただきました。ありがとうございます。

上記の回答では全く質問に答えていない。

再度、こちらの質問に誠意を持って答えてほしいと区長への手紙を出していたのですが、3/8付で、公開質問状の回答とほぼ同じ回答が、またまた『すくすくスクール係 ×××××』名で届きました。

ほんとうに誠意のなさに萎えます。

さらに、教育長に宛てた、補食廃止の開始時期の延期要請、それがかなわないなら、保護者の自主運営の試行期間として、いくつかの方法を試してみることを認めてほしいとの要望書を学童クラブに提出しました。

自主運営も一人では認められないと言われ、なんとか仲間を探さなくちゃ行けなくて、保護者会のなくなって久しい学童クラブでは厳しいです。

でも、ここで引けない! 

ありがとうございました。

「自主運営は一人では認められない」と言われても、その学童で一人しか補食希望者がいなかったら、仕方ないですよね。じゃ、何人ならいいんでしょう? 

この辺のガイドラインも何もないまま、江戸川区は「自主運営でやれ」と投げました。
いま、学童の保護者は困惑しているのが実情ではないでしょうか。

3/9記事 困惑の新一年生保護者。「自主運営」の話できぬまま4/1を迎えるのか? には、こんなコメントが寄せられています。

新一年生がもらっている学童クラブのお知らせは、もう補食がない前提でかかれてるはずなので、本来自主運営であることもわかりようもなかったのでは。

まさにその通り。新一年生保護者にとっては、補食は「もともとなかったこと」になっていますので、知りようもありません。

ごらんのとおり陳情は、いつ結果が出るかわからない状況。
しかし現実的に4/1から、新一年生が学童に入ります。

自主運営。

いますでに区内各地の小学校で、保護者が動いているという情報が、いくつも飛び込んできています。具体的に文書にまとめ、「教育推進課・すくすくスクール係」に提出し、期限を切って、確認を求めているところもあるそうです。

今回の補食廃止を推進したのは、区役所の「教育推進課」です。

「こんなことを聞いたら、こう回答があった」
「これなら良いと言われた」
「これはダメと言われた」など、各自でお問い合わせの結果がありましたら、
よろしかったらメールでお寄せください。
 ↓  ↓  ↓

gakudo.hoshoku@gmail.com
よろしくお願いいたします。